**BATON**

〜人とペットを繋ぐブログ〜

ドッグフードの選び方

ペットショップに行くと種類も大きさも値段も違う様々なドッグフードが並んでいます。

みなさんは、愛犬のドッグフード、どのように選んでいますか??

 

『たくさんあって正直どれを選んだらいいかわからなくて…』

 

というお客様の声、とても多いです。 

そこで今回は、ドッグフードを購入するときに、チェックするべきポイントをご紹介します!

 

 

まず、ドッグフードを選ぶときには、パッケージに『総合栄養食』と書かれたものを選んでください。総合栄養食とは、そのフードと水だけで、わんちゃんの健康維持に必要な栄養が補えるものとなっています。『一般職』『間食』『栄養補完食』と書かれたものは、総合栄養食に混ぜてあげるおかずのようなものなので、これだけではわんちゃんの健康は維持できません。

 

ドッグフードのタイプは3種類

ドライフード

ペースト状にした原材料を乾燥してから焼いてあるフード。通称カリカリご飯。

粒に栄養が凝縮されている為、ウェットタイプよりも与える量は少なくて済みます。 

含まれる水分量は10%くらいと少ないためカビが生えにくい。また、フードを噛む回数が増えることで、唾液が多く分泌され、口中の食べかすを洗い流し、歯石予防にもなります。

ただし、一度開封してしまうと、フードに含まれる脂肪分が酸化して品質が悪くなり、嗜好性も落ちてしまう為、開封後は1ヶ月で使い切るようにしてください。

 

ウェットフード

水分量が多く、匂いの強いウェットフードは食いつき抜群です。

人が嗅いでも食欲を掻き立てられるおいしそーな匂いがします。

しかし、ドライフードに比べて約3.5倍の量を食べないとわんちゃんに必要な栄養分が摂取できません。お財布にも痛い。

また、歯の周りにフードが残り歯垢や歯石がつきやすいというデメリットもある為、ウェットフードを与えた時は、歯磨きもがんばりましょう!

開封の場合は長期保存可能ですが、一度開封してしまうと痛むのが早いので、なるべく2〜3日で使い切るのがマスト。何日かに分けてあげる場合は、缶のままだと内側が錆びてきて、劣化してしまうので、他の容器に移してください。

  

セミモイストフード(半生) 

水分量は25〜30%としっとりとした質感が特徴。 

粒は弾力があり、噛む回数を増やしながら、匂いや食感で嗜好性を高めます。

ドライフードは食べないけど、セミモイストフードなら食べるというこ多いです。

しかし、デメリットとしては、粒に水分を多く含んでいるため、腐敗を防ぐために添加物(防カビ剤や湿潤調整剤)が多く使われていることがあります。

 添加物はなるべく避けてあげたいので、セミモイストフードでも添加物が少ないものを選びましょう。

 

 

ドッグフードを選ぶ時にチェックするポイント

ペットフード安全法で、パッケージには添加物も含めて原材料すべてを表示することが義務づけられています。

 

『わんちゃんに適した原材料ってどんなもの??』

 

動物性タンパク質が豊富

タンパク質とは、筋肉、骨、血液、被毛、皮膚などのわんちゃんの体づくりに最も必要な栄養素です。

 

『動物性タンパク質』→肉や魚、卵などに含まれる。

『植物性タンパク質』→トウモロコシ、小麦、米などに含まれる。

 

犬は肉食動物に近い

オオカミを祖先とするわんちゃんは肉食の傾向がとても強いです。

その為、穀物をすり潰すための臼歯はなく、腸も短い為、穀物の消化が苦手で、お肉などの動物性タンパク質を消化するのに適した体になっています。

 

そこで、パッケージの原材料を確認してみましょう。

原材料には、使用している量が多い順に記載されているので、ココをチェックしてみてください。

 

オススメのドッグフードは、『チキン』『ラム』『サーモン』のような動物性タンパク質の名前が、原材料の先頭に書かれているもの。

低価格なドッグフードの原材料には、トウモロコシなどの植物性タンパク質が先頭に書かれているものが多いです。安くて大量に入手できる便利な穀物は、かさ増しの為に使用されていることがあるのです。

その為、植物性タンパク質が原材料の先頭にきているフードは回避するのがベター。

 

グレインフリーがオススメ

穀物(主に小麦やトウモロコシ、ライ麦など穀物全般)を使用していないフードをグレインフリーと呼びます。  

穀物類のタンパク質はアレルギーを起こしやすいので、グレインフリーのドッグフードを選ぶことで、アレルギー予防改善にも繋がります。

 

肉類、副産物という表記が使われていない

肉類や副産物とだけ表記されていて、具体的にはどの部位なのかわからないフードにも気をつけましょう。 副産物とは、人間が食用にしない部位、つまり廃棄する部位を指しています。 具体的には、内臓、頭、足、羽根、骨、ひづめなど、人間が食べられない部位も含まれることがあります。

ミールとは? 

パッケージを見ていると、『ミール』と表記されているものもありますが、『ミートミール』のように、具体的にはどこの部位のミールなのかがわからない表記にも注意が必要です。原材料費を抑えるために羽毛は糞尿が入ったままの内臓類など、本来なら廃棄すべき部位まで使われている可能性があります。 

『チキンミール』『ターキーミール』のように、詳細に表記されているものを選びましょう。 

 

合成添加物が使われていない

『着色料』『香料』『酸化防止剤』などの合成添加物は、 見た目や食いつきを良くしたり、賞味期限を伸ばす為に使用される成分です。

特に注意して欲しいのが、『BHT』『BHA』『エトキシキン』等の合成添加物。これらの添加物はわんちゃんの体に悪影響を及ぼすので、使われていないかチェック してください。

添加物を与え続けるとどうなる?

わんちゃんの健康に不要な添加物を摂取し続けると、胃腸に負担がかかり、アレルギー反応を起こしたり、涙やけを発症したりしてしまいます。

 

愛犬のライフステージや体型にあったもの

ドッグフードは、年齢や体型ごとにも分かれている為、『子犬』『成犬』『シニア』と、愛犬の年齢にあったものを選びましょう。

また、避妊去勢が済んでいるとホルモンバランスの影響で、太りやすい体質になるため、『避妊去勢用』や『体重管理用』に切り替えるのがおすすめです。

 

 

まとめ

今回は、ドッグフードの選び方についてご紹介しました。

まずは、ドライ・ウェット・セミモイストの中でどのタイプのドッグフードにするかを決めたら(ドライが圧倒的おすすめ!)、愛犬のライフステージや体型なども考慮したうえで、改めてチェックするポイントをおさらいしてみましょう!

 

・動物性タンパク質が豊富

・グレインフリー

・肉類、副産物が使われていない

・合成添加物が使われていない

 

これらの点に注意してみると、ある程度フードの種類が絞れてくるかと思います。

あとは、愛犬の好みもあると思うので、何種類かこれと決めたものを試してみてください。ペットショップにはお試し用のサンプルが置いてあると思うのでスタッフに確認してみてくださいね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

獣医師が考案した長生き犬ごはん 安心・簡単・作り置きOK! [ 林 美彩 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2022/9/29時点)

楽天で購入

 

 

わんちゃんがフードを食べてくれないときの対処法はコチラ。

maki79.hatenablog.com